買う
借りる
不動産まめ知識
暮らしの情報
お金の情報

不動産お役立ち情報
快適暮らしの情報
住まいに関わるお金の情報
資金プラン
ローンシミュレーション

エクステリア
~狭ければ狭いなりに造りようがある『庭』~
大事なことは“庭”と“建物”との調和

 敷地が狭いという理由だけで、庭を諦めてはいませんか。実は、庭は広ければ広いなりに、狭ければ狭いなりに造りようが あります。昔から「坪庭」という言葉があるように、1坪の広さでも十分に庭は造れるものなのです。そこで今回は、狭小地でも こんな......


~道行く人も楽しめる、見せる演出を工夫しよう~
塀やフェンスは高さを抑えた開放的な分離が主流

 外国の住宅には塀がなかったり、あっても低めの柵や生け垣というスタイルが多いようですが、日本の住宅には塀がつきものです。 開口部の多い日本の建築様式では、防犯上やプライバシーを確保するために必要だったというのが大きな理由です。 ただ、最近......


~あなた流の工夫で、不思議な開放感が味わえます~
基本は建物や庭との調和を考えたデザイン

 ラテン語で土を意味し、土壇または露台といわれる「テラス」が今、暮らしに"ゆとり"を与えてくれる戸外空間として 熱い注目を集めています。リビングルームやダイニングルームの前面に設けられるテラスは、室内から直接出入りする......


~内と外を結ぶ緩衝スペースは、アウトドアリビングだ~
敷地が狭くても、傾斜地でもデッキは造れます

 木肌のかもし出す柔らかな雰囲気や温もりが特徴のウッドデッキは、自然味溢れ、花や緑にさりげなく溶け込み、 庭に美しく調和した半戸外のくつろぎ空間です。  そもそもデッキとは、船の甲板や車両の出入口部分、桟橋や空港に設けられた送迎用の施設......


~床の仕上げ材とデザイン・植栽の工夫で 駐車場が庭になる~
限られた敷地だから、駐車場を多目的空間に

 新緑が目に鮮やかな季節になりました。明るい春の日差しのもとで、思いきりガーデニングが楽しめる絶好の季節です。  ところで、現代社会は車社会です。複数の車を所有する家庭も珍しくありません。このため、建物が建っていない空間は、 本来、庭と......


今回は狭い空間でも楽しめる玄関・アプローチの春の装いについて考えてみたいと思います。 狭くても、歩く楽しみを演出する  敷地の入り口から玄関までの通路がアプローチです。お客さまを最初に迎える場所ですから、このスペースは住む人の個性やおもて......


ページトップに戻る
不動産情報WEB

Copyright (C) 2020 BonSmile. All Rights Reserved.